柱・梁などの素材

柱・梁に使われている木材が家を支えている。

乾燥方法の違いが素材の良さに現れる。

現代構法の木材は、乾燥機により強制的に乾燥させ、プレカットと言ってコンピューターによる設計に基づいて自動的に削り出された木材が多く使用されています。

これに比べ、伝統的な構法は天然乾燥・天日干しにこだわります。この乾燥という工程を一つとっても強制乾燥と、自然乾燥では木材の仕上がりが全く異なります。強制的に乾燥させる方法だと、木の中の油分が失われ、粘りがなく、ノミを入れても反発しない、言わば芯のないような感覚の木材になってしまいます。

しかし、自然乾燥された木材は、ノミを入れると反発があり、素材本来の固さと、しなりとも言える弾力を感じることが出来るのです。

住宅の重さを支え、力を分散させる必要のある柱や梁に使う木材は、しっかりとした強さと粘りが必要なのです。それを支えるのが伝統的な構法に基づく素材選びなのです。

力を分散させる梁に適した素材。

プレカットで作られる現代の家では見る事が出来ませんが、昔ながらのお寺や神社などの歴史的な建築物でよく目にするのが大きく曲がった梁ではないでしょうか。

伝統的な構法で家を建てる場合、壁に負荷をかけず、骨組み(柱と梁で組み上げられた骨格)でその強度を保っています。
その場合に一ケ所だけに大きな負荷をかけるのではなく、かかる負荷を分散させてより強い強度を保つため、大きなRを描く梁は大切な役割を果たします。

弊社も例外なく、曲がった梁で不可を分散させ、より大きな力に耐えられる骨組みを組み上げるのですが、そのためにはそんな梁を仕入れるルートを確保しておくことも大切なポイントです。弊社では昔ながらの伝統的な構法を実現するために、独自の材木仕入ルートを確保しました。市場に出る前の材木や、時には原木の状態で仕入れることも可能な仕入ルートの確保で、より大きな強度を誇る住宅を造ります。

素材それぞれの特長を活かして建てる。

一口に材木と言っても、その特長や強度、粘りなど、その特長は様々です。
例えば檜は強度も強く、粘りもあるので住宅の建築、特に柱や梁に使用するには最適な素材だと言えます。
また、壁材の化粧に材木を使うこともありますが、その化粧部分に檜を使う事も可能です。しかし、檜は建築材料としては比較的高価な材料として知られており、化粧部分に使うのはよほどのこだわりがあるか、余裕がないとお勧めしていません。

私たち能見工務店ではこのような素材の特長をしっかりと把握し、お客様のご予算やご希望に合わせ、最も適した箇所に適した素材を使うご提案をいたします。
下記素材一覧は、木材が持っている特長を表にしたものです。ご参考ください。

木材が持つ特長
  • 檜(ヒノキ)

    日本特産の木で、大変香りが良い木です。加工がしやすく、仕上げもよく、軽いが強度は強く、粘りがあるので、構造材から内装材、造作材まで建築用材全般に多く使用されます。
    材全体としては突出した性質はないですが、全方向的に優れた、バランスのよい良材とされています。しかし、価格が高いので、総ヒノキ造りといえば豪邸の代名詞にもなっています。

  • 杉(スギ)

    スギという名も「直ぐ」という言葉からきているといわれています。生長が早く、加工性に優れています。 樹齢が60~70年以上のものであれば、十分な強度があり、柱や梁などの構造材としても適した材となっています。
    また赤身であれば耐朽性も高くなっています。柔軟な為、肌触りがよく温かみが感じられるので、天井や壁などの板材としても向いています。
    南部の脂の多い種類は、船の材料として使用されています。

  • 檜葉(ヒバ)

    俗にいう「明日はヒノキになろう」のアスナロの木がヒバで、正確にはヒノキ科アスナロ属の樹です。東北以北に多いヒノキアスナロが木材として多く用いられ、その代表が青森ヒバです。
    殺菌性のあるヒノキチオールを多く含み、シロアリに非常に強い事が特徴です。
    また、耐久性があり湿気にも強く、強度もヒノキと同等という特性から、土台や柱、浴室などに適した材となっています。

  • 松(マツ)

    マツは、比較的身近にある木であるが、今は大径のものが少なくなってしまいました。 強度があって粘り強く、密度が高いのが最大の特徴です。
    めり込みにくく、つぶれにくい特徴もあり、傷つきにくく、すりへりにくいと言えます。
    一般に強度がある材ほど収縮が大きく、いったんねじれると戻らないと言われています。 乾燥にともなう狂いや変形も生じやすいのも特徴です。

  • 米松(ベイマツ)

    北米材で、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州を中心に、アメリカ、カルフォルニア州などが主な産地となっています。
    マツと名につきますが、マツ類ではなくトガサワラの仲間です。等級が5段階ほどあり、荒目で軽いものから、非常に通直で緻密なものまで存在します。狂いも少なく、 建築用材の樹種の中でも加工性に優れています。
    また大径長尺の材が取れる事から、構造材に用いられ、近年梁や桁によく使われるようになりました。
    そして、特に大径材から取れる目が詰まった柾目のものは、ピーラーと呼ばれ、建具など造作材や、内外装に使用されています。ただし、樹脂成分が多く、仕上げてからもしばらくヤニが出る事が多いので、注意が必要です。

  • 日本人の精神シンボルとして古来より愛されるのがサクラではないでしょうか。
    強靭で木肌は緻密、加工や着色がしやすく、磨くと光沢が出る材質で、建築や高級家具や楽器、彫刻材料に使用されています。

  • 欅(ケヤキ)

    本州、四国、九州に分布する落葉樹です。寿命が長く、老木は銘木として高値で取引きされています。
    木目が明瞭で美しく、飛びぬけた強度、耐朽性にも優れています。その為、神社、仏閣などの外部構造材として、多く使われています。
    その他、一般住宅では装飾材、大黒柱などにも使用されるケースが多くなっています。

  • 栂(トガ)

    色味は、心材が紫帯びた淡い褐色、辺材は淡い黄褐色で、堺はやや不明瞭です。
    ゆっくりと成長する為年輪が細かくなり、板目にササ杢などがみられ、光沢をもっています。針葉樹の中では最も重硬な木質であり、耐久性に優れています。
    反面、加工が難しい材質です。乾燥は容易ですが、のちに割れたり、狂いが生じやすい材となっています。
    天然ツガは年輪や木目の美しさから、鴨居や敷居、建具などにも使われています。水切りの良い木として床板の需要が高くなっています。

  • 銀杏(イチョウ)

    やわらかくて加工しやすく、葉は肥料、また葉には害虫駆除の効果があり、書棚の間に置くと虫が来ないと言われています。
    主に、まな板、テーブルなどに使用されます。

  • 栗(クリ)

    かつては鉄道の枕木に使用されており大変水に強く、腐りにくい木材です。
    近年、枕木を使用する外構工事、ガーデニングでの利用が流行っています。
    家の土台として使用すると良いですが、なかなか材木の入手が困難で金額も高額となっています。

  • 椹(サワラ)

    サワラはヒノキやヒバと違い、強い香りがないのが特徴の針葉樹です。
    匂いが無いという特性を逆に活かし、匂いがつくとあまりよくないとされるお米に関連した飯台、御櫃(おひつ)や、水に匂いを付けたく無い用途の水桶などに使用されてています。
    他にも彫刻、下駄、かまぼこ板、模型、家具などの昔ながらの和の製品の材料としても利用されています。 銀閣寺の屋根の材料としても使用されています。

  • 樫(カシ)

    強度に優れる反面、固く加工性に難しい為、建築材としては用途は少ないですが鉋台、鑿の柄、金槌の柄などに使用されます。

  • 一位(イチイ)

    辺材白、心材は赤褐色で、対比が美しい木材です。
    加工しやすく仕上りは美しく仕上げられます。肌目緻密で、水中で20~30年使っても赤い色が失われないのが特徴です。
    笠に編んだり、アイヌでは弓・日光では下駄・木曽ではくし、その他に床柱、装飾材に使用されています。

  • 楠(クス)

    クスノキの材質は軟らかくて加工しやく、磨くと光沢がでるという良い特徴を持っていますが、逆目を起こしやすく、乾燥も難しい為、ゆがみやひずみなどで狂いやすいという欠点を持つ木材です。
    内部に樟脳油を含む為、耐朽性、保存性には大変優れており虫を寄せ付けないという特性から、家具材として古くから使用されています。

  • 桐(キリ)

    軽くて色が白く美しい木肌をもち、古くから箪笥や美術工芸品を納める箱、下駄、琴や琵琶などの楽器に用いられてきました。
    最近ではその高い調湿作用から押入れ、クローゼットの材料、熱伝導率が低く温かな質感から床材にも使用されています。

  • チーク

    世界の最高級材の一つで、タイ、ミャンマー、インドネシアを産地とする熱帯性の樹木です。
    堅く伸縮しにくい性質で、濃い黄金色で独特の縞模様を持ち、耐久性に優れ、床材、家具、船舶のデッキや内装などに使用されています。