骨組みの重要性

骨組みが支える柔の家。

見える骨組だからこそ安心できる。

私たち能見工務店では、骨組みで支える家を、自信を持ってお勧めしています。そのメリットは様々あるのですが大きなメリットを2点紹介します。

1つめは見える安心です。現代構法の多くの場合、柱や梁などは一部しか見えていません。ボードやコンパネで覆われた家は、見えない部分で手抜きをされる事が多いことは容易に想像出来ると思います。また、骨組みで建てる家は柱と梁の接続部分は、込み栓や鼻栓など、金物を使わない方法で組み上げます。

ここが2つ目の大きなメリットになるのですが、湿気との戦いと言われる日本独特の風土では、金物は錆る原因となります。錆びた金物がそのまま放置されると、その部分の材木も腐食が進み、結果的に強度を保つことが出来なくなります。
しかし、金物を使わない伝統的な構法で作られた住宅はそのような心配がありません。だからこそ、伝統的な構法で建てる木の家は安心して住み続けることが出来るのです。

大黒柱を中心とした骨組みで柔軟な家づくりを。

骨組みを用いない構法の代表的な建築方法として、2×4(ツーバイフォー)の構法があります。この構法は柱を使わず、全ての壁面にはパネルを使い、大量の釘を使って建てていきます。
2×4(ツーバイフォー)の場合、工期が短くなるのは良いのですが、北米で生まれたこの構法は、湿度の高い日本の風土に合っているとはとても言えないのが現状です。

また、大量の釘が錆びたりした場合、最悪のケースも考えられます。更に、家族構成の変化に伴い、間取りを変更しようと思っても、壁で強度を出している為、間取りの変更は不可能と言えます。

しかし、しっかりとした骨組みで構成する、伝統的な構法で建てる家は、壁を撤去したり、新たに壁を作ることが可能です。
子どもの成長とともにリノベーションするなど、柔軟な環境を実現する事が出来るのです。