土壁の良さ

究極のエコ素材でありながら驚くべき性能を秘める。

湿度との戦いを制す、土壁の素晴らしさ。

日本の気候風土は住宅に非常に厳しく、湿度との戦いと言われています。
現代の家は石膏ボードやコンパネなどを釘で打ちつけた壁で建てられている事が多く、中は空洞になっています。
この空洞が、家の寿命を短くしている原因の1つだと言われているのですが、それは空洞だからこそ出来る壁内部の結露が原因と言われています。

伝統的な構法の家造りは、土壁で造られるのが主流なのですが土壁は竹を格子状に縄で編んだものの上に藁を混ぜ、醗酵させたものを塗ります。
その後、土と砂、藁を混ぜたものを重ねて塗り、最後に漆喰で仕上げます。こうして作った土壁は、厚みも十分にある上に壁に空洞が出来ず、結露が起こらないので湿度によって家の寿命を削るといったことはありません。

夏は涼しく、冬は暖かい究極の素材。

日本の風土にあった素材である土壁は、様々な工夫が凝らされた素材と言えます。それは日本の四季を利用した素材である点です。

湿度が高く暑い夏を快適に過ごすにはどうすれば良いのか。大きなポイントの1つに湿度を下げるという点が挙げられます。
土壁は素材そのものが呼吸し、調湿する性能を持っている為に、同じ温度でも涼しく感じるのです。

そして寒い冬には蓄熱する性能で建物の中を温かく保ちます。蓄熱する素材である土壁は、温まりにくいのですが、一度温まるとさめにくく長い間その温かさを保ちます。その蓄熱性は朝、起床する際に確実に感じて頂くことが出来るはずです。

このように、日本の四季をそれぞれ活かすことの出来る究極の素材が土壁なのです。

シックハウスとは無縁の自然素材。防火性能も高い究極のエコ素材。

皆さんもよくご存知だとは思いますが、現代の素材を使った家は石油系の素材を大量に使って建てられてます。
最近では減りましたが、壁紙を貼り付けるボンドなどの素材にはホルムアルデヒドが含まれていた為に、それが原因でシックハウス症候群になるケースが多く報告されました。
現在では規制されましたが、現代の家には今でも多くの石油素材が使われていることは否めない事実です。

しかし、土壁は文字通り、自然の土が素材になっており、壊すと全ての素材が自然に帰ります。
そんな究極のエコ素材が土壁なのです。

また、土で造られた素材であるため、防火性能も非常に優れています。様々な角度から見ても優れている土壁は、日本人本来の生活にあった素晴らしい素材なのです。

高い免震性で建物の倒壊を防ぐ。

土壁には、揺れを逃がす高い免震性があります。現代構法のほとんどは、免震性ではなく、耐震性能を高めることを重視しています。高い耐震性の建物は、ある程度の揺れまではひび一ついかないという特長がありますが、限度を超える揺れが発生した場合、倒壊する可能性があります。

免震性は揺れのエネルギーをあらゆる方法で逃がし、倒壊を防ぐことが出来るのです。実際実験を行った例もあり、阪神大震災と同じ規模の揺れが起こった場合、土壁にひびが入ったり、一部の土がはがれるなどといったことはありましたが、なんと、建物はほぼそのままでした。

しかも、崩れ落ちた土は再度練り直せば、再び土壁として使えます。
このように、免震性が高く、補修することによって長く使え、地震から建物を守るのが、土壁の更なる素晴らしさなのです。